Larghetto

largt.exblog.jp

新作かぎ針ケース

こんばんは。

休み時間には編み物をちょこちょこしてるんですが
レース編みに興味を持った同僚が教えてほしいと
一緒に編み物をするようになりました。
元々少しはできるほうだったのですぐ上達して
クッション1面ぶんの四角モチーフを編み上げるまでに。
そんな同僚へかぎ針ケースを作りました。

f0255227_19555490.jpg

f0255227_19555691.jpg

f0255227_19555816.jpg

今度はスヌードを編みたいそうです。

実はミシンで作るのは初めてでしたが
だんぜん手縫いよりは早いですね。笑
[PR]
# by mizumaya | 2015-08-05 19:43 | hand made | Comments(0)

壁のインテリアと睡蓮鉢

こんにちは。
本格的な夏になり猛暑が続いてますね。
休日は我慢せずにクーラーをつけていますが
それでも27度設定なので若干暑いです。


壁が寂しかったのでちょこちょこ買い集めてたフレームやパネルを飾ってみました。

f0255227_10260217.jpg

右上のキャンドゥの蓋付きディスプレイボックスが
作ったピアスを飾るのに丁度よくて重宝しています。
オイルステインを塗ってアンティーク調にする予定。

直径8cmはあろうかという四つ葉のクローバーの押し花や、頂き物の小さなフレーム。
さりげなく思い出の詰まったエリアになりました。



f0255227_10260378.jpg

最近の睡蓮は一時期の開花ラッシュも落ち着き
ぽつぽつと咲くようになってきたのでそろそろ追加の肥料を埋め込む時期がきたのかなと。

新しく買った浮き玉が大きいんですけどシャボン玉のように見えてなんだか面白いです。



[PR]
# by mizumaya | 2015-07-25 10:04 | memo | Comments(0)

睡蓮とムーミンリラコ

こんにちは。
夏至も終わり日が長くなっていよいよ夏という感じですね。
暑さが苦手なので毎年お手柔らかに...と思ってるんですが
今年は世界各地で熱波の被害が大きく
日本も例外ではなさそうです。
とりあえずヨシズ、氷抱き枕(凍らせたペットボトル)
の準備はしておこうかと。


おととい朝の睡蓮。
f0255227_18410093.jpg

なんと二輪咲きです!
以前育ててた品種の年間開花数を余裕で更新するペースに驚いています。
おそるべし、タイ・ピーチクリーム。




そして今年もやってきましたムーミンリラコ。
去年は欲しいの売り切れでしたが今年は確保できました....!
f0255227_18410268.jpg
夜空とムーミンのおうちがとても可愛い。
さりげなくスナフキンとミィがいるのもポイント高いです。


[PR]
# by mizumaya | 2015-06-27 18:27 | memo | Comments(0)

実は咲いてた睡蓮

こんにちは。
ゴタゴタ再びで1週間過ぎるのとても早いです。
書類手続きが多くてめげそうですが頑張ります....

さて、休日なので植物の手入れでもしようとしたら
まだかなーと待ち焦がれていた睡蓮が!

f0255227_11181695.jpg

ほんのりピンクできれいー!そして大輪!!
直径12cmはありそうです!

蕾があれどなかなか咲かないなーと思ってたんですが
いつも出勤時間早くて見れなかっただけだったようです。
花のよれ具合からして開花3・4日目ほどかな?
残念ながら1日目の開花は目撃できませんでしたが
まだまだ蕾はあるので楽しみです。

この品種、海外園芸家によるピーチーズ・クリームというパテント種
(著作権があり許可なく増やして売買してはいけない種)
の偽物として流通したものなんですが、
花の美しさと次々と咲く花付きのよさで
睡蓮愛好家のあいだではなかなか評判なのです。
正式名称はなく通称タイ・ピーチクリーム。


[PR]
# by mizumaya | 2015-06-20 11:02 | garden | Comments(0)

mtマステ

こんにちは。
いつの間にか梅雨入りしてたらしく
じめじめ嫌な季節になりましたね。
布団を洗って収納したいんですが
朝晩まだ冷えるのでなかなかしまえない。

マステ沼に足を踏み入れてずいぶんたちますけど
100均マステが可愛いの多くて優秀なせいで
大手マステメーカーである
カモ井加工紙さんの品を持ってませんでした。
しかしカフェ兼雑貨店にあったこのマステに一目惚れ。

f0255227_12062672.jpg

ハンティングとフラッグ。
ミリ単位で細かい柄にときめきです。
なによりさりげなく動物たくさんで可愛い。

カモ井加工紙ば元々はハエ取り紙の老舗メーカーだと知り
なかなかのカルチャーショックを受けたのですが
元々あるノウハウを活かしつつ時代に沿った
新たな商品を作り出すのってけっこう凄いことだなぁと
ひとり謎の感動をしておりました。

イベント限定の蓄光星座マステやら気になるものたくさんで
いつか直営店に行ってみたいです。
[PR]
# by mizumaya | 2015-06-13 11:42 | memo | Comments(0)